プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

板前歴36年のオーナーシェフの原田義明です。18歳の時京料理屋出身の親方に修行して32歳でふぐとはもの店を始めました。料理は一生が修行だと思って毎日研究して、お客様にお出ししています。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

2009年4月21日 (火)

春の魚

近海の鰆が卵が大きくなり、えさをたくさん食べて丸々と太ってきました。刺身、たたき、焼き、煮付け
揚物、どんな料理でもおいしいさかなです。本日入荷しました。

2009年4月18日 (土)

三重県師崎の特大ふぐ

本日三重県師崎漁港より特大天然とらふぐが入荷しました。
とらふぐで一番おいしい大きさは3キロアップの超大きいものです
本日入荷したものは、ほとんど2.5キロから3キロ以上の立派な
とらふぐが御安い価格で入荷しました。
普段は特撰コースで使うものですが、来週はこのふぐを使います。
来週来店するお客様はラッキーです。

2009年3月 9日 (月)

天然とらふぐ

3月に入り暖かい日、寒い日交互の陽気が続きますが、風邪などを
引かないようお気をつけ下さい。
3月の築地市場は春の魚の入荷が目立ってきました。とらふぐの
相場は2月始めと比べてだいぶ安くなってきました。特におすすめは
天然とらふぐの白子の入荷が増えました。大きくて味は濃厚で口に
入れるとまったりとした食感がたまりません。
とらふぐ会席コースと白子入りとらふぐ会席(予定)がおすすめです。

2009年1月29日 (木)

ふぐ中毒

山形県のふぐ中毒、新聞、テレビでは彼岸ふぐの白子で中毒を
起こしたと伝えられていますが、彼岸ふぐの白子は弱毒で大量に食べなければ中毒は起こしません。このふぐは小型で3尾さばいても白子は大きくても200g6人で食べたら中毒を起こすとは考えられません。山形県の保健所の見解待ち。
尚築地市場では宮城県釜石近辺の彼岸ふぐ、こもんふぐの白子以外は販売していません。もちろん当店や東京のふぐ料理やでも販売していません。

2009年1月10日 (土)

寒い.鍋物が食べたい

冬の風物詩.鉄ちり(ふぐちり)寒い日にはこれが一番
鍋物を煮る時は普通はぐつぐつと煮る、しかしふぐちりは
ことことと煮るのが、出汁がにごらなく良い。
ころあいを見て食べる、ふぐは煮過ぎると軟らかくなるので
早めに多少歯ごたいがあるほうが旨い。

2009年1月 5日 (月)

明けましておめでとうございます

本日ふぐ初荷
天候不順で入荷がきびしい状況です
昨年ストックした、国産天然とらふぐでしのぎます。

2008年6月30日 (月)

本番

はも料理本番
入梅入り天草黄金のはも頭が小さく見え、丸々と太ってきました
湯引きにすると、油も出汁に浮くようになってきました。
ふぁふぁの湯引きはまさに、牡丹のようなはも!!!

2008年5月14日 (水)

初競り

2008.5.12.長崎県天草漁港大矢野のはもが初競りが始まりました。鮮度、油の乗りも例年よりよさそうです。相場も安定して今季も例年どうりのリーズナブルなお値段でお出しできそうです。物価が値上がり気味ですが、当店では、通常どうりの値段で、今年もがんばるつもりです。

2008年4月18日 (金)

今日は週末の金曜日で雨、客足がへりますが、築地市場も暇なので
魚は安い、今が旬の桜鯛真子(卵)がおいしい。
高級魚日本海石川県の柳がれいもゲット、一夜干しが最高!!!

2008年4月11日 (金)

初物

天草漁港より黄金はもが入荷しました。今年の初物です。
今年度のサンプルとして、漁師さんに特別に頼んで送ってもらいました。
4月にしては油、旨みは申し分ないくらいの上等のはもです。値段も平年並み今年も良いはもがだせそうです!!

天然とらふぐ・本格鱧料理 御苑前 花膳 のサービス一覧

天然とらふぐ・本格鱧料理 御苑前 花膳