プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

板前歴36年のオーナーシェフの原田義明です。18歳の時京料理屋出身の親方に修行して32歳でふぐとはもの店を始めました。料理は一生が修行だと思って毎日研究して、お客様にお出ししています。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 寒い.鍋物が食べたい | メイン | 天然とらふぐ »

2009年1月29日 (木)

ふぐ中毒

山形県のふぐ中毒、新聞、テレビでは彼岸ふぐの白子で中毒を
起こしたと伝えられていますが、彼岸ふぐの白子は弱毒で大量に食べなければ中毒は起こしません。このふぐは小型で3尾さばいても白子は大きくても200g6人で食べたら中毒を起こすとは考えられません。山形県の保健所の見解待ち。
尚築地市場では宮城県釜石近辺の彼岸ふぐ、こもんふぐの白子以外は販売していません。もちろん当店や東京のふぐ料理やでも販売していません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/567379/28520379

ふぐ中毒を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

天然とらふぐ・本格鱧料理 御苑前 花膳 のサービス一覧

天然とらふぐ・本格鱧料理 御苑前 花膳