プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

板前歴36年のオーナーシェフの原田義明です。18歳の時京料理屋出身の親方に修行して32歳でふぐとはもの店を始めました。料理は一生が修行だと思って毎日研究して、お客様にお出ししています。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

レシピ Feed

2009年3月 9日 (月)

天然とらふぐ

3月に入り暖かい日、寒い日交互の陽気が続きますが、風邪などを
引かないようお気をつけ下さい。
3月の築地市場は春の魚の入荷が目立ってきました。とらふぐの
相場は2月始めと比べてだいぶ安くなってきました。特におすすめは
天然とらふぐの白子の入荷が増えました。大きくて味は濃厚で口に
入れるとまったりとした食感がたまりません。
とらふぐ会席コースと白子入りとらふぐ会席(予定)がおすすめです。

2008年3月 4日 (火)

10kのくえ

長崎五島列島産の10.45kのくえが入荷しました。
さすがくえと言うぐらい脂が乗っていてうまい。
前菜、薄造り、唐揚げ、ちり鍋、雑炊、胡麻シャーベット
が付いて10500円

2008年2月25日 (月)

幻の魚 本物のあら

本物のあらとは九州地方でアラ料理というとくえと言うと
はた科の大きい魚を使います。30キロ以上になるともろこ
と言う名にかわります。
あらと言う魚は、すずき科のくえににたさかなです。
味はくえとふぐを足して2で割ったようなかんじです。
本日、長崎県五島列島産7kの本あらが入荷しました。
幻の魚を食べて下さい。

2008年2月18日 (月)

春近し

東所沢の畑に野菜の収穫に行きました。
白菜の巻きがびっしり詰まって重たいこと。うまそう!!
長ねぎはそろそろ終わりになりますが、香り軟らかさはまだ健在です。
春が近いことを感じさせる菜の花も収穫できました。
もうすぐ花が満開になってしまうので今が食べごろ
八百屋、スーパーの菜の花と違うところは、茎と葉が甘くておいしい
ふぐと菜の花を食べに花膳にレッゴー!!

2007年12月 6日 (木)

おせち

いよいよ忘年会シーズン突入しました。
おせち料理と店の仕込みで猫の手も借りたいです。
少しの間ブログを休ませていただきます。

2007年11月12日 (月)

白菜と里芋の初堀

朝、東所沢の畑に白菜と里芋の初堀にでかけました。
予想通り、里芋は八分の出来しかし炊くと純白煮炊き上がり
鮮度がいいので里芋特有の甘味とねとっとした炊き上がりました。
白菜はまだ五分の出来ですが、軟らかくサラダにしたら
最高でした。

2007年10月30日 (火)

低温調理の進め

ほうれんそうを茹でました。確かに甘味が残り、色もきれいに
茹であがりました。時間おくとどうなるか楽しみです。
里芋も軟らかく、しっかりと煮あがりました。
低温調理とは70度以下の温度で焼、煮炊きし
材料の持ち味が残る調理です。

2007年10月23日 (火)

野菜の収穫

本日の朝東所沢の森田さんの畑に野菜を採りに行きました。
森田さんは当店のため長ねぎ、白菜、ほうれん草、里芋、茄子等
の無農薬野菜を作ってくれています。
今日は長ねぎ、ほうれん草を収穫しました。その他サラダ用に
若い白菜とほうれん草を抜いてきました。明日は白菜サラダと
生ほうれん草入り五目きざみ野菜サラダをメニューに入れようと思っています。安心安全な無農薬野菜を食べてね。

天然とらふぐ・本格鱧料理 御苑前 花膳 のサービス一覧

天然とらふぐ・本格鱧料理 御苑前 花膳